あの陽の光の指す方へ

綺麗に咲き誇る花たち、あなたに捧げて

手越くん・30歳

手越祐也さん、お誕生日おめでとうございます。

 

ついに来ましたか、あなたが三十路になる時が…。最近の様子をあまりよく知らないから、30歳になる実感があったかとか気持ちが入れ替わったのかとか知らないけど、きっと30代も自らが自らを奮い立たせ、そして何より全力で人生を楽しむんだろうなぁと思います。

 

 

29歳の手越くんは本当にいろんな事があったねぇ…多くを私は知らないんだけどね。大変だっただろうし、さすがに心えぐられるようなこともあっただろうし、私もてごちゃんのことを見失いそうになったら、よくわかんなくなってた時期もある。でも私達に多くの笑顔を見せて笑顔にしてくれるところとパフォーマンスに一切の妥協を許さないところと根が真面目なところがいつまでも変わらないから、今年の誕生日も大好きでいれたよ。

 

基本的にはNEWSとして活動してる時しか観てないんだけど、バラエティとかサッカー番組で頑張ってることももちろん知ってるし、手越くんらしくやれてるかな?って気にはかけてたりするんだよ。

 

 

30歳になって何か変わるとしても、それはこれからだと思うから、楽しみにしてます。そして、30を迎えた手越くんに次会えるのはきっと15周年記念イヤーのツアーなりイベントなりだと思うから、それも期待してます。だから、また色々あるとは思うけど、NEWSのエースとして頑張ってね。あ、エースと言えば、私は手越くんがいつまでもメンバーを引っ張って行くエースだと思ってるけど、今やNEWSはみんながそれぞれの方向性でのエースになったと思ってる。素敵なこと。

 

 

 

 

 

今年1年間が手越くんにとって最高な1年であること、笑顔が絶えない1年であること、様々な挑戦をしていける1年であること、幸せな1年であることを願っています。

 

そして、30代の手越くん。20代はNEWSとしても個人としても本当に色んな苦難と試練と挑戦があって、私から見る限り全部無理矢理でも乗り越えて良い方向に進めていける強い人だったから、この先もずっと強い人であって欲しいというのが1つ。それと、今年手越くんの涙とほんのちょっとの弱さを見た気がしてるけど、ほんと彼には笑顔で、幸せでいて欲しいなって強く思った。てごちゃんは本当に笑顔が素敵で可愛くて可愛くて。笑顔がとっても似合うアイドルだからこそ、ずっと心の底から笑顔でいれる日常であって欲しいなぁって遠くの方から思ってます。

 

 

 

 

これからもいちゃいちゃラブラブなNEWSとNEWSファンでいようね。

大好きだよ。

本当におめでとうございます。

 

 

f:id:bu-ban18:20171111185732j:imagef:id:bu-ban18:20171111185807j:image

アルバム『「untitled 」』感想

年に一度の大行事、今年も嵐のニューアルバムが届きました〜〜!!

あと3年ぶりに私名義が当たってくれたので、今年もライブに行けることになりました〜!(友達、お母さん、去年と一昨年は連れて行ってくれてありがとう...!)

しかもめちゃめちゃ凄い日、、、、嬉しいなぁ。今年も色んなことが起こりそうな嵐のライブ、全力で楽しみます!!

 

 

さあ、アルバムの感想へ行きますか。今回は長くなりそうですなあ、、、

 

アルバムタイトルは「untitled 」

非常にツアー含めコンセプトを解釈するのが難しいですが、それも当然、まだタイトルがつけられていない。だから、どんな方向性にもいけるんですよね。翔くんがドキュメンタリーで言ってた360°の意味が曲をひとつずつ聞いていて分かりました。挑戦的な曲調であったり、歌割りが聴こえてきてドキドキワクワクしたし、天下の嵐と言えるくらい色んなことを成し遂げてきた人たちにもまだまだ新境地、それも彼ら自身が高いハードルを掲げて進んでいく世界があったんだなぁと強く思わされました。

 

 

 

 

意外だなぁと思ったのは、全体的に明るい前向きな曲が多かったこと。去年がもうhappyを追求するもので喜怒哀楽色々あるけど嵐でいればhappyだね!みたいなパーっと広がる明るさがあったから、今年は少しシリアスな雰囲気漂わせるのかなぁと思っていて、アルバムタイトルとリード曲「未完」を聴いた時に、やっぱり重い雰囲気漂わせてるなぁと感じていたので、嵐らしい前向きな曲たちに溢れていたことが予想外でもあったし、でも新境地でもらしさを感じられるホッとしてる感じもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.Green Light

疾走感と爽やかさのある1曲目。ノリノリ。

イントロの音がかっこよくてアルバムの始まり感を感じて初見のときワクワクしたなぁ。

暗がりから光が差していくような前向きにここから行くぜ!な曲で歌詞もメロディーも嵐らしさに溢れてる印象がある。バックのインストがカッコいいからカラオケバージョンほしい笑

なんてったって1b松潤、2b相葉ちゃんの裏でやってる低音ヴォイスがとってもいいね。

爽やかにかっこよく踊ってほしい。

 

2. つなぐ

大野さんの『忍びの国』の主題歌でしたね。

和の雰囲気がズッシリと分かりつつもPOPSであるのが面白いなぁなんて。

ダンスがかっこいいよね、みんなキレキレでちゃんと一つ一つの動きを表現してて好き。大野さん振り付けだしね。

 

 

3.「未完」

色んなジャンルの音楽が入り混じっている不思議な曲。初めて聴いた時のあの衝撃は凄まじかった。出来ればその”初めて”をもう一度味わいたいくらい。

嵐の意思表明を受けてそれを再認識するというか、今、そしてその先へ、着実に地に足をつけて歩んできた嵐が歌うからこそ、説得力のある曲になっていると思う。

彼らはしばしばこういう曲では強気で反骨精神バッキバキで見せてくる。

COOL & SOUL や Re(make)able など今の状況そしてこれからへの決意表明的役割を担う1曲として「未完」も考えていいだろうか。これは必ずしも嵐だけを示す曲ではないようにも思うけれど、翔くんが「未完」のラップリリックには自分たちのことが反映されている、というようなことを言っていたはずなので、きっとファンはそう捉えつつ聴いて良いはず、、、、

 

今回はとりあえずラップのところに重点を置きたい。

暗闇から光

”僕らが拓いていく時代”

なんてあの頃はいきがり

今、夢の先の未来

後ろなんて見ない

ただそう前だけしか見ない

目の前には誰もいない

その未来自分次第

 

もう止まれない

時代の流れに飲まれない

自分で自分を育てたいならただただ

ひたすらもがけ ファイト

 

 

 

嵐にはI gonna make my world してほしいし、すでにしているとは思うけど、未完成の「I」を追求してほしい。そのためにはきっと望む方へ、決めた方へRun awayするべきだし、立ち止まることなく進んで行ってほしいな。なんてもっともっと書ききれないほどの、言葉にできないほどの嵐への想いに溢れてしまう。

 

 そして、こんな曲、こんな歌詞を聴いてしまった、知ってしまっては、もう嵐にはついていくしかないんだなとこれまで以上に思わされる。

Do you wanna ride!?の問いに対しての答えは I wanna ride.でしかない。

 

 

4. Sugar

イントロがお気に召すままに似てるなぁ、歌うのすこぶる難しそうだなっていう第1印象の曲ですが、かなりお気に入りです。オシャレだし昔の背伸びな大人曲歌ってた嵐を彷彿とさせるような、はたまた、新しい雰囲気を醸し出しているような、、、。

相葉さんのフェイクがまた新鮮でステキ。

 

 

 

5. Power of the Paradise 

懐かしいなぁ笑 昨年のオリンピックの日テレテーマソングでした。

若い曲だなって感じてました。

馬跳びみたいなことしてたよね??だからか、とにかく若いなあ〜〜アイドル丸出しだなぁって印象でした。

パワーオブザカラダイス。

 

 

6.ありのままで

嵐らしいひたむきに前向きな歌詞とポップでシンプルな曲

ちょっとしたことで元気ない時にぴったり。きっとROCK YOU好きな人は間違いなく好きな一曲です。

大サビ前の翔くんがThat's right come onってところからラップ繋がると思ってた笑

”誰かの足跡たどっていけば 前に進める訳じゃない”

”知らない空 覗きに行こう”

”でこぼこな道だって意味があって続くよ”

”転んではまた立ち上がれ”

 

メイキングのインタビューかなんか他のでで翔くんか誰かが、「俺らにもできるからきっと皆んなにもできるよ」みたいなこのアルバムのメッセージ性のお話をしていた気がするのだけど(あやふや過ぎでしょ)、この曲はまさにそれに当たる1曲ですね。

私は嵐の本人たちが理想(あくまで理想ね。)とする歩み方は一歩一歩着実にだと思っていて、その姿勢はこの曲にぴったりで、それの思い浮かべつつ、リスナーは自分の生活に移していけるのかな、なんて思いました。良い曲。

 

 

 

7. 風雲

アルバムの流れで聞いた時、ロックチューンだからカッコいい系はこれなんだなぁって思ったけど、実は疾走感溢れる盛り上げ系のザ・アイドルソングなことに気づいた。

いや、そう思ってるの私だけかもしれないけど、カッコいいけどライブでアゲアゲ煽り曲だなぁって思った。(パッと同じ系統で思いついたのは嵐だとAttack it 的な、キスマイの今年のアルバム曲のBang Bang BURN です。参考まで)

 

 超やる気満々、本気出してその場にいる女の子全員の心鷲掴みにするんですかね。覚悟してここにおいでよらしいですよ、ライブの序盤で歌ってくれそうな歌詞だね。

ここだけの話、2サビのOh let's have a blastが俺様なんとかって聞こえてて、俺様か、この男強気だもんね、なんて思ってました笑

 

ギターがめちゃかっこよくて、疾走感溢れるブチアゲライブの客煽り受けな曲ですな。ジャニーズらしくて好き。

 

 

8. I’ll be there 

御前〜〜〜〜!

ジャジーで大人なこの曲。シャレオツだよね。

ダンスも複雑そうに見えて単純なことしてたりする見ていて面白い振り付けですよね。ライブで見れるの楽しみにしてます。

 

9. 抱擁

イメージと違った!ドが付くほどのバラードだと思ってた。なんだろう、横揺れな感じの心地の良いテンポ。ビート感も好きだなぁ〜

ミディアムナンバー。

 

はじめのフェイクがまつもっさんが良い声してるね。その後の相葉くんもやっぱり新鮮。相葉さんといえば2bの最後が印象的だった!

Aメロ大野さんの安定感とBメロからの声の重なりに美しさをさらに感じた曲かなぁ。

歌詞はあんまりまだ聴けてないんだけど、、、あんまりストレートな恋ではなさそうだよね。大人の難しい恋かなぁ。あと、歌詞は置いておいて、曲を聴いた時に大人の余裕のある、そして色気を感じるような曲だなぁって感じてた。

 

あとはあれだ!ラップがある!!曲聞く前は抱擁…バラードにラップなのかぁって思ってた笑 こちらも曲自体と同じく歌詞をあんまり聴き込めてないので、ビート感が好みとだけ言っておきます。

 

 

10. Pray

ひとりひとりの、そして重なり合った時の嵐の歌声を美しさを堪能できる曲で、結構メロディラインとかはいかにも"らしい"曲なのかなぁと思います。カップリングにありそう。

大サビ前の大野ソロからの5人ファルセットが素晴らしいね〜〜!!

 

でもやっぱりほかのキャラ濃いからw私の中では目立たない曲になっちゃってる。もっと聴き込みたいな。

歌詞が綺麗だなぁ。

 

 

11. 光

f:id:bu-ban18:20171020220822j:image 

天使にラブソングを』です。合唱とかゴスペル的なみんなで楽しく明るく歌えそうな曲だから、聖歌隊がシスターメアリークラレンスを中心に自由に楽しく歌ってる姿が印象的な天使にラブソングを思い浮かべました。

 タイトル発表された時は少し重い系のバラードかと思ってたら、メレンゲであれ?想像と違うなあと気づいて、いざ曲を聴いたら本当に”光”で明るい曲で個人的には意外でした。

最初聴いた時から楽しくて後奏の部分とか一人で脳内即興ソロフェイク入れてた笑

 

12. 彼方へ

なんか最初聴いた時に泣いた。Song for youすらも泣く覚悟の曲だと思ってなかったから予想外にグッとくる曲だったから余計に涙腺刺激された。そんなつもりなかったのになあ。曲のノリはパワパラっぽいのに。

初めて聴いてる時、そこまで歌詞に注意して聴いてはいなかったんだけど、Don't stop the musicとかDon't stop dreamingが耳に入ってきた時に、嵐に対する自分の気持ちと重なったような気分で(まあこの曲が必ずしも嵐のことを歌っているわけではないけど)感動してました。

私はこの曲を嵐を思い浮かべて聞いているんだけど、ほんとに彼らの歩み方にピッタリだなぁというか、私ももちろん自分の人生頑張ろうって思えるんだけど、それも同時に嵐も嵐らしくずっと嵐であり続けてほしいなっていう思いにもなる。特別な一曲になりました。

 

 

13. Song for you 

組曲やります、10分超えです、タイトルはSong for you です。って言われた時に新しい試みでどんな面白い曲になるのか期待大だなぁくらいにしか思ってなくて。Mステの時点でも1フレーズだけで、Song for you のyouは ファンを指してる感じにも聞こえるように、、くらいのもっと広く色んな人の共感できる人を想う曲かと思ってたから、まさかさ、ガチガチに嵐の18年間とこれからの決意が込められてて、youとか君とかがこちらを指してくるとは、、、

ニュアンス嵐とファンだよ〜かと思いながら聴き進めていったら、歌詞で引っかかっていって、確信した時にはもう心がぎゅっとして涙が溢れてました。嵐好きで良かったなぁってなんでこんな何度も何度も思わせてくれるんだろう。それもその思いを毎度超えていって。

 

Song for you を語り始めたらキリがないのが目に見えているので今度別エントリーでちゃんと書きます。(こういうこと何度も言って一度もあげてない気がする…)

でもライブ見ると多分また印象が変わるから今私が解釈するSong for youをちゃんと残しておきたいからやります。いや、やりたいです。

 

あ、 散々デズニーデズニー言われてますが、私が初めて聴いたときに思い描いたのは国立競技場でした。

 

f:id:bu-ban18:20171020220400j:image

 

 

 

 

 

 

 

ユニットは書き始めたらまた別で長くなるので、また今度…(これは書かずじまいになる疑惑)

 

 

カンパイ・ソング

 

f:id:bu-ban18:20171020220514j:image

f:id:bu-ban18:20171020220551j:imagef:id:bu-ban18:20171020220607j:image

そこそこ良い年の大人になってきて(というのはつまり仕事が充実していてそこそこ良いポジションにつけてきたサラリーマンと同世代ってことに繋がるわけなんだけど)、それでも青年のような和気藹々としている雰囲気をなくさない今の嵐だからこそ歌える曲。

楽しいだけじゃないというか、色々ここまでも乗り越えて人生送ってきて、今も状況もそこそこ大変なことにぶつかったりするけど、みんなそうだよね、みんなそうだから、今はそれは忘れてみんなで楽しもうよ!みたいな。

そう考えると なんだか泣ける〜!が、巷では飲みサーソングだなんて言われてるらしいので(私はそれを聞いて反論したくなってる人ですが)、みんなが楽しめるようなワイワイした曲で気持ちが明るくなるね〜楽しいね〜!!!と最終的にはテンション上がってます。嵐らしい明るさで最後締めてるのがなんとも、、嵐だなって思う。アンコールで歌うんだろうなぁ。

 

 

 

まとめ 

 嵐ってほんとに5人で嵐なんだなぁ、ちゃんと横一列で同じ方向に向かって進んでるんだなぁと最近の嵐を見ていて思っていて。他のどのグループよりも5人ってことに大切さを感じている気がする。それぞれが5人のために、平和に行くように、最高であるように、くっつきすぎず気を使いあって互いに遠慮もするけど、活動には一切の妥協はせず。そういう人達だからこそ18年間5人でちゃんと道を歩んでいけてるんだと思うし、30半ばのおじさんになっても楽しそうで幸せそうな雰囲気が続いていく。

 

Japonismでは嵐の原点である日本、ジャニーズと過去を振り返り、Are You Happy?では今の嵐を喜怒哀楽様々な表情を通して表現した。

そして今回の「untitled 」は、無題であり「未完」。非常に捉えにくくてこのアルバムの根底にあるテーマが掴みにくいけど、私は誰もが完璧なスターとする嵐自らが自分達を、自分達のパフォーマンスを未完であるとして、まだまだ先に広げていく嵐としての未来を見据えたアルバムになってると感じます。

 

 

 

彼らも既に視野に入れているであろう再来年の20周年、恐らくそれを超えた後はまた何かが変わる。日本の社会も、嵐の存在のあり方もきっと変わる。そんな中でも嵐らしさを失くさずに活動し続けていくには?

 

私が思うに、今年そして来年をいかに過ごすかって結構大きいんだと思う。近い未来の20周年までにどれだけまた成長していけるか、そしてその先にどうまた嵐としての加速していくのか。

考えすぎかもしれないけど、20周年の分岐点とその先に光を灯し始めたように思います。私達ファンには彼らがこれからどうなろうとしているのか想像もつかないけど、少しだけ嵐の未来光が射して見えてきた気がします。きっと明るい未来、それだけは分かった。多分それだけ分かれば大丈夫。

 

もちろん、いまの5人に出来る最高のパフォーマンスや歌を完璧な状態で届けてくれているけど、先ほど書いたように、それを「未完」だとして、これから先の未来、それも明るいであろう(彼らが明るくしていく)未来に視線が向いていることを指し示している、そんなアルバムだと思います。

 

可能性、希望、夢、嵐の未来は色んなワクワクさせるものに満ち溢れている。それと同時に大きな壁と苦難と辛抱と厳しいこともまぁ当然あるわけだけど。

 

 

いつもバラエティとかで見るとわちゃわちゃ楽しそうにしてる身近に感じられるような愛される存在であるのに、その内側ではこれから先の嵐としての歩み方を真面目に考えていて、かれこれ10年くらい日本エンターテイメントのトップにいるけど、まだまだその座を譲る気なんてなくてもっともっとと燃えてる心があるんですよ?それもちゃんと自分たちの立場を分かっていて丸で全て知っているような冷静さを待ち合わせつつ心を燃やしているように見える。

強すぎない??いやファンの妄想かもしれないけどね、まぁ要するに嵐はロールキャベツ系男子ってことよ。。。(何まとめかた)

 

 

あとはね、嵐の存在はどこまでも無限大に広がっていく気がした。

嵐がアイドルとして活動する期間は有限であること、いつかは終わりを迎えること、それがいつかは分からないけど無限でないことは分かっていて、もちろんこれから先のアイドル嵐の活動はもっともっと色んな人に届いていかと信じていることも含むけど、例えば嵐が今のように活動しなくなっても、ファンの私達の心に存在してるってだけじゃなくて語り継がれて広く続いていく人達だなぁって思った。イメージとしてはもう宇宙の果てまでふわぁぁって開いていてたくさんの人のもとに辿り着いていく感じ。それとやっぱりこれからも新しい道を切り拓いていくつもりなんだなって思った。凄いアイドル好きになっちゃったなぁ。

 

 

いろんな挑戦的なことを取り入れつつもどこか嵐らしさを感じられる、そんなことを思ってたりして、このアルバムは色んなことをやっても嵐の音楽にちゃんとなるんだなぁってことを私に教えてくれた気がします。

 

 

 

嵐は5人が思う嵐らしさと共に(嵐らしさって漠然とした表現だけどね)、歩きたい方向、信じた道を進んで行ってくれればいいなぁ。きっとそこは間違いないよと思えるし、私たちはついて行くだけだから。ファンも外野も、つべこべ言う人が後立たないのは彼らも多分知ってるし、ファンの意見もある程度は伝わってるはずだけど、ファンや世間に媚び売るような活動をするのは嵐らしくないから、この道で勝負しようって思ったところでとことんカッコイイ姿を見せてください。これまでの経験上、ファンの想像を超えた姿を見せて驚かせ、惚れさせて来てるからね。

これから先も嵐に期待してますよ。

嵐についていけば間違いないし、きっと"しあわせはここ(嵐)にある"って信じてます。(一番搾りさーん)

 

 

f:id:bu-ban18:20171020220615j:image

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、今年の嵐アルバムの感想エントリーをしめたいとおもいます。Song for youも近々ちゃんと解釈しきった後に出したいと思います。

ここまで読んでくださった方いらしたら、どうもお付き合いありがとうございました。

 

 

 

どうしようもなく嵐が大好きです。

bu-ban18.hatenablog.com

bu-ban18.hatenablog.com



昨年こんな記事をあげていたことはとうに忘れていましたが、嵐18年目の1年間は、私の中の『嵐』という存在と『嵐ファンの自分』をしっかりと確かめることができた1年だったように思います。





約5年前、中学生の私は今と変わらず嵐に夢中でした。


夢中だったあまりに”ある日突然嵐を失うかもしれない”という恐怖感なのか当時の心境は詳しくは覚えていないけれど、このまま嵐に依存していてはいけないと考え始めていました。


そこで親離れならぬ嵐離れのために私がとった行動は、「他のアイドルやアーティストを知る、ハマる」ということだったのですが、結果としてただのアイドル好きに成り上がっただけで、私にとって嵐は揺るぎないものすぎて、計画は失敗に終わりました。


数々のアイドルヲタクになった私が、どうにか嵐とその他のアイドル達の存在を確立させようとしたのが去年の1つ目の記事なのかな。
その頃「嵐ファンは肩書きだ」と言いながら、他のアイドルにも目をやってむしろ嵐よりも他のアイドル見ている時間が増えていたりして。なんとなーく嵐の通常運転の活動を追って、後は他のアイドルちゃんが持ってくるサプライズに一喜一憂しながら日々の生活をしていました。それでも嵐への愛は減ってはいなかったとは今振り返っても胸張って言えるんだけどね。


でもどっかでこれじゃダメだと思ってた。
嵐に対してこんなにも執着心があって、どんなことあっても結局一生離れられないなんて分かっているからって安心して他の色んな人に目をやって、肝心の嵐はなんとなくで活動を追うスタイルを続けていくなんて、あんな努力を重ねて忙しい日々を過ごしながら私含むファンに大きすぎるものを届けてくれる嵐に、毎日嵐のことを考えて活動も一つ一つちゃんと咀嚼してるファンの人たちに申し訳ないとまでは行かないけど、私だってそこそこ嵐の活動繁忙期にはちゃんとハマってはいたし、ずっと嵐は死ぬほど大好きで大切で憧れではあったけど、もっと嵐楽しめるしもっと知れるしもっと考えられるものだと分かりながらも、今だけかもしれない他を優先して嵐に対してもっとできる色々をしない嵐ファンの自分がちょっとだけ嫌だった。




そう分かって行動し始めたわけではないし、そんなことは頭の隅っこで見え隠れするくらいだったけど、この1年間で私はひたすらにこれまで見てきた嵐を今まで以上に振り返って、これまで見てきた今では過去になった嵐に対したの好きを確かめて、その上でやっぱり現在進行形で進化を続ける今の嵐が大好きだと叫んで、その結果しばらく抱え込んだ独りよがりの”嵐ファンである自分”との葛藤とはサヨナラが出来たと思う。



行動の一番大きなきっかけは恐らく『嵐に出会って10年が経った』ということ。

一つの人や物事を10年好きでいるなんてこれまでひとつもなかったし、大学受験終わって暇だし、自己満だけど嵐と過ごした10年振り返ろう!っていうなんともラフなノリで始めたことだったのだけど、結果として自分のどうでもいい思い込みがスッと解けて、自然に嵐とちゃんと向き合う時間が増えました。
そしてその向き合った時間の分だけ嵐が確かなものになっていくことを実感して、嵐ファンとしての歩み方もフワフワじゃなくて地に足つけて着実に踏めるようになった気がする。





私が嵐を好きになったのは小学生の時だったから、正直その時に嵐が置かれてる状況とか分かっていなくて多くを勘違いして過ごしてきたから、過去を振り返る中でちゃんと見てたけどその時は見えてこなかったことを、見逃していたことを、ちゃんと自分で知れたのがよかったかな。



その一つを具体的に言うと、事務所内外での嵐・特別待遇。

私が10年前から見ていた嵐は、日本のエンターテイメントのど真ん中を走り続けるスーパースターの姿でしかありません。常にメジャーであり、常に注目をされている。
そんな状況になり始めた瞬間に私は好きになって、嵐にしか目がない小学生はそれを”普通のこと”として受け入れていました。

今考えるととてもじゃないけど恐ろしいことだ。でも我ながらそう思ってたのも無理ないと思う。

だって最初は周りに嵐ファンなんて公言する人ひとりもいなかったし、たまたまお母さんが観ていたドラマを横目で見ててかっこいいと思ってた人が聞き覚えのある歌の歌って踊ってて好きだなって思って嵐っていう人たちだって知って、それからはテレビに嵐がいるから普通に見て、録画してた深夜番組もチロっと観たりして、お母さんがCD勧めてくれたから嵐のCDを手にし始めて、色んな嵐の曲を聴くようになって、そのうちに嵐のDVDがあると聞きつけたからゲオに探しに行って、お店の人に聞いたら嵐のライブDVD(紫のやつ)はレンタルされてないって知ったから誕生日プレゼントにしてもらって、最新の紫のやつが国立競技場のライブだったから何となくアイドルのライブってこういうもんなんだなって受け入れて見てたし、それからも国立っていう行ったことのない知らない場所で嵐はライブをしていてそれをDVDで観続けて、どうやったらいけるのかよく分かんないけど一生に一回は嵐のライブに行ってみたいなあなんて思いながら、相変わらず嵐は普通にテレビ越しでたくさん会えるから満たされてて、主演ドラマがあるから観て、番組も出てるから観て、CDも出たらしいから買ってもらったり少ないお小遣いで買ったり、小学生向けの雑誌に載ってたから買って、DVDも出たらしいから今度はお年玉で買いに行って、そうしているうちに気づいたら周りの人もみんな嵐が好きって言っていて、ちょっと誇らしげにしてる私もいたりして、私にCD貸して欲しいって言ってくる人が増えてたくさん貸したらボロボロになってきて、その中の何人かがファンだって言い始めてファンレター書くとかファンクラブに入るとか当たったからライブに行くとか気づいたら先越されてて、でも私は嵐が好きだから普通にしてたし周りは私が一番詳しいって私のこと、嵐のこと、何を知ってんだか知らないけどそう言われて、そうなんだあと思って、やっぱり普通の嵐との日常に戻ったんだけど、そのうちに自分も成長していて現代の最新技術を駆使できるようになって、いざそれを介して外の世界を見てみたら、自分はこれっぽっちも嵐のこと知らなかったし、ファンと言えるほどのことはしてなかったらしくて、自分が思ってた普通のことが本当はめちゃめちゃ凄いことで、嵐は私が日本中の人たちが近所のお兄ちゃん的な感じで慣れ親しんでいいような人達とは到底言えないほどの偉業を果たしてたし、でもそれでいて近所のお兄ちゃん的に親しむことも許されていて、よくわかんないけどとにかく人気者らしくて、普通に思ってた国立競技場のライブって誰もが知ってる大物のアーティストほんの数組しか行ってないらしくて、映像で初めて観たときに狭いなって思った東京ドームってところも多くのアーティストがもちろん嵐もいつかここでライブがしたいって夢見るような凄い広いところだったらしく、主演ドラマってやつもグループ全員が続いてやれるほど簡単なものじゃなかったみたいで、嵐の名前がついた毎週3つやってるバラエティーもどうやら普通ではなかったらしい。
 

普通に受け入れたことが全部普通じゃなかった。異例だった。異例すぎることらしかった。


その普通ではない”らしい”という事実も、”普通じゃない”とちゃんと理解できるまでに至って、嵐って凄いんだなと漠然とは思えるようになりました。いや、かなり嵐の大きさを身をもって感じて、その大きさに広まり方に疑問を抱いたり嫌気がさしたり色々思ったりして、迷いに迷って分からなくなったりもしてたかも。


この1年くらいだけでなく、自分が見始めた頃の嵐が起爆剤が放たれて大きな波に乗った時期だったことを知ってから、改めてその時期の嵐を振り返ったとき、自分が知らない時代の嵐の歩みと照らし合わせてその時期の嵐がどれだけ大きな進歩を遂げたのかについてただひたすらに凄いなあと思うのと同時に、昔と変わらぬ好きだな嵐って思えることがとんでもなく嬉しいんだな。
私は嵐を好きになった最初の数年間、知らないことが多くありながら、それに気づかぬまま、ただひたすらに嵐のいる日常を過ごしていたのだけど、確かにその時代の嵐を知っていて、観ていて、それを好きだと思っていた、その事実が確かめられたみたいで嬉しかった。



私がこれまで観てきた嵐はとんでもなく大きくて、彼らはもうとにかく凄い。すっばらしい人たち。
尊敬しているところがたくさんあるし、憧れの存在であるし、私がずっと愛情を深く注ぎ続けられる人たちであり愛を届けてくれる人たちであるし、私の永遠の目標として背中を追わせてくれる人たちで、今までもこれからもずっとずっと私の人生にい続けてもらわないといけない人たち。

彼らが現役アイドルとしての活動を終えるその時まで、私は地球のどこかで彼らをリアルタイムで観続けるだろうし、過去のスーパーアイドルとして語り継がれるようになった時でも、自分の人生その時々で彼らを味わい続けるんだろう。

ずっと嵐ファンかどうか知らないし、ヲタクなりの活動をいつか辞めるかもしれないけど、嵐という存在は私の中で永遠に特別であり続けるんだろうなあ。





最後に、嵐は生活の一部、日常、と言った1年長前の私。
2017年9月15日嵐が結成18年を迎えた今、私にとっての嵐の存在を表す言葉は





「嵐」




それでしかないなと思う。
語彙力がないからかもしれない。でも、嵐のメンバーがメンバーたちのことを友達でもなく仕事仲間ともちがう、嵐という枠が出来たと度々いうのを聞いて、これか!!と思った。
私にとって嵐は、1番好きなアイドル、応援したいアイドルという枠をとうに超えてしまって、申し訳ないけど他にも愛を注いでいるアイドルは私にとっての嵐の代わりにはなれなかったし、そういう点でも、嵐は嵐という名前の他に形容できない存在に達したのかなと思います。

きっと、”嵐”その名前が私が観てきた全ての姿を物語ってくれるはず。
















嵐の皆さん、結成18周年おめでとうございます。
18年とはとんでもない年数だと思いますが、長い間ずっと一緒に居続けても変わらぬ仲の良さと結束力で最高に美しい姿とパフォーマンスを見せてくれる皆さんには感謝の言葉しかありません。
いつもありがとうございます。そしてこれからもありがとうございます。

1年後には20年目突入!なんて言って、あちらこちらで盛大なお祝いを受けるのでしょうね。
私はそれをすごいな〜〜〜なんて言いながら呑気に観ていると思います。
この先、まだまだ挑戦を続けられることと思いますが、人の要求に答えつつも、嵐らしさをなくさず、でもそれに囚われすぎず、やりたいこととやるべきと思うことをやって5人で前進して、誰も観たことのない景色を見に行ってください。後輩たちには到底追いつけないところまで逃げ切ってね。終わるときは気持ちよくやりきったと言って欲しいです。

それから、一人の男性としても幸せもそろそろ得てもいいと私は思っています。それがなんなのかはそれぞれだと思いますが、皆さんが決めたことは全力で肯定したいので、大きな決断をした時には胸張って私たちに教えてくださいね。

これから先も忙しいことには変わりないと思いますが、お身体にだけはお気をつけて。もう若いとは言い切れない年に入ってきてるからね。

大好きです。

















最近で一番嬉しかったこれを置いておきます。

関ジャニ's エンターテイメント『ジャム』

8/14 東京ドーム公演 に行ってきました!

 

関ジャニ∞のライブはずっとDVDで観ていたので、周りの人たちに行ったことあると思われていましたが、私今回が初参戦でございます。

 

 

いや〜〜楽しかった!めちゃめちゃ楽しい!!

こんなに楽しいライブにわたし、行ってきたんだよ!!あの、大人気アイドルの関ジャニ∞のライブだよ!!凄いライブなんだよ!!!振り幅広すぎなスーパースターに会ったよ!!って自慢したくなった。

 

 

 

 

いやあ、セトリが良いです。

今回は、前半バンド後半アイドル とスイッチを切り替えた二部制のライブになっていましたが、よく考えたらこんなにバンド演奏タイムを長く取ったライブ初めてだよね。

メトロックでやった曲も多く入れていて、そこでの反響とか、メトロック出のeighterになった人達を多少意識してセットリスト組んだのかな?

 

 

曲ごとに箇条書きする簡単な備忘録です。

お好きにイメージして楽しんでください。

 

 

 

 

0.開演前注意映像とオープニング映像

・こんな映像流れるライブ初めて!

・ゴリラウーマン

・うちわ下げてって言われて、え・・・?と思ったけど、良い指示だなと後々気づく。

・関ジャムのOP映像見たいな感じとジュークぽさ感じた 

・ジャンプのコマ撮りが可愛い。

・既に楽しい

 

1.High Spirit
2.勝手に仕上がれ

・ハイスピは元気のインストだから、もう他のアルバムツアーとかじゃ聴けないかなぁと思ってたので嬉しかった!しかもその流れからの勝手に仕上がれ!!!

・すばるくん「愛してるよ」ありがとう。私も愛してるよ。(え)

・KANJANIEIGHT言うの難しい。めっちゃ聞きなれてたから口から出るままに言ったけど多分正確には言えてなかったと思う。

 


3.宇宙に行ったライオン

・アコギが置いてあったので友達がライオン予測してた

・映像綺麗だった

・聞き入ってた気がする


4.象

・これ演奏しちゃうエイトさんやっぱりすこぶるカッケー!!

・狂気的な目で歌う安田くん

・ありがとうを溜めて歌うすばるくんのアレンジ好き

 


5.Traffic

・最初何の曲が始まったか分かんなかった

・これ作った錦戸亮ちゃん強すぎる

・出だしの安田ソロの歌い方も歌いまわし方も大好き。イケメンすぎる

・美人なお姉さんのところのすばるくんの歌い方も好き。すばるくんならちょっとエッチな美人さん誘ってそう

・道路っぽい映像良き

・間奏のベース、アコギ、ドラムが目立つところ好き。あと大サビ入る直前のドラムの刻み!!!

・照明が車のライトっちっくでオシャン!


6.生きろ

・良い曲。泣きそう。

・歌ってる人がメインに映し出されて、サビになると7人で割られて顔が映し出されるのだけど、その時にうわ〜〜〜関ジャニ∞や〜〜〜〜と思った。

・自分を生きる

 

《プチ挨拶》

・にしきどりょうちゃんかわいい

・おどおどゆるゆるしてるにしきどりょうちゃんかわいい

 

7.侍唄

・亮ちゃんのテンポで始まるアコギ弾き語り

・すばるくんの美声がバラードだと更に響き渡るなあ

 


8.夢への帰り道

・たっちょんのアレンジにざわつく客、更にアレンジするたちょん、笑いが起きる客、笑いながら引き継ぐ亮ちゃん、普通に歌うよこちょ

 

 

《プチ挨拶》

・誰か忘れたけど、話を振られゆるいやすだくん登場。

・なんかすごいちっちゃいもの(飲み物入ってる?)を吸ってる安田さん。なにあれ

 

 

《丸ちゃんベースソロ

・はい、来ました、爆モテギャップ王子丸山くんのベースソロタイム!!!

・ピンスポで照らされてベンベンベース弾いてる丸ちゃんかっこよかったです

・メロディーに関しては記憶が消えました


9.Tokyoholic

・始まりのベース好き。ギターも好き。

・中指たてて目をかっ開いて叫び歌う渋谷さん

・I don't like you Tokyo!!!!! I can't hate you Tokyo!!!!と東京で叫ぶエイトさんはまだまだ東京で戦い続けるんだろうなあ。

・客がTokyoって叫ぶんですね。


10.S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き

・C&Rが異常な楽しさ

・CD音源とは違うの弾きだす安田くんに動揺。クソほどかっこいい(多分この曲だった気がするけど不確か)

・ヨコヒナの映像「まーこのー」が可愛い


11.NOROSHI

・バンドコーナーラストはやっぱりこの曲か

・メインボーカル二人の魂の入った力強い歌声が目立つね

・叫ぶように歌うすばるくん

・イントロアウトロのリードギター好き

・特効暑い

 

《MC》

・よこちょのananいじり倒す メンバー(特に大倉くん)

・撮影に4時間かかったそう

・山田で表紙を再現(でこチュー)(会場揺れる勢い)

 

12.奇跡の人

・歌詞が途中若干現代人disられてた気がするし、おう、、、と思わないでもないところもあったけど、全体的には良い曲だなあ、奇跡の人現れないかなあって思った。

・最後の方の老いたあとのところで泣いた

・奇跡の人を歌う安田くん見ながらコージを思い出した(歌詞の中に映る愛がコージとテレサを私に思い出させた)

 

《諸注意映像再び》


13.JAM LADY

・最初どこにいるのか分かんなかった

・みんなエッチで困ります

・たっちょんが大倉の大倉を掴んでて動揺

・どうやらやすばで立ちバックしてた模様

・安田くんがぶっ飛んだ曲作ったなあと改めて実感


14.罪と夏

・JAM LADYに続きチャラ男夏ソング

・水のトンネル凄い

・トンネルくぐるの可愛い

 
15.DO NA I

・大人Sexyなダンス

・DO NA Iって歌いながら手の振りがこっちこっちってしてるのほんと罪深い

・俺の好みのyouとyouな裕が超絶かっこいい

・2サビ終わりですばるくんの高音が鳴り響く

・長身組のスタイルと大人の余裕感じた惚れちゃう

・しかし肉眼ではほぼ背中しか見てない

 


16.キング オブ 男!

17.なぐりガキBEAT

・キングオブ男は踊った

・なぐりガキbeatはメンバーが踊ってないしあっちゃこっちゃ回ってるからそれを目で追うので必死でせっかく練習してたのに披露する機会なかった


18.Answer

・三馬鹿、いろんなこと乗り越えて諦めて追いかけ続けて、今日までアイドルとして表舞台に居続けてくれてありがとう!!!!!!!

・映像が変わるたびに客の心からダダ漏れな(可愛い・・・・・・・)の声

・ダンスめっちゃ揃ってた。ちゃんと踊ってた。

・よこちょの大サビソロパートが今まで聞いたよこちょの歌声でイッチバンよかったよ!!!!綺麗に歌声が伸びてて好き。

 

 


19.ノスタルジア

・たっちょんが一番見やすいところにいたのだが、彼は本当に美しい踊りをする人だな。とにかく(顔面も含め)大倉くんの美しさに惚れた

・マルちゃんが1番に出てきて一人スポット当たって踊っててギャップ

・サビで出てくる安田くんのラスボス感

・ダンスがすこぶる好きです。世界観も素敵。儚い

・最後に4人で円で踊るところ好き

・衣装がふぁさってなってて踊りが映える

 


20.Sorry Sorry love
21.WASABI

・とりあえずイントロで叫ぶ

・がっつり踊るやんおじさん

・たちょんのsorry my loveのとき爆イケすぎた。ちゃんとここはモニターで確認した

・安田くんの踊りが好きだと改めて実感。一つ一つをしっかり表現する、流さない、そんな動きの中にしなやかさとかキレとかがある踊り。

・本当はずっと好きでした呆れるほどに一途でした にズッキュン

・ソリソリのサビのすばるくん

 

 

22.えげつない

・オタ芸できそうなイントロだなと思ってたらオタ芸し始めてめっちゃ笑った

・リアルにおしぼりをてしぼりって言うたっちょん

・自分のバトルじゃないところで踊る丸ちゃん面白かった

・ラップ終わった人ソファ座ってるw

・よこすばさんの記憶がびっくりするほどない

・最後のサビの踊りふざけすぎやんかわいすぎて笑いすぎて死ぬかと思った

・盛り上がりえげつない

 

 

《ネバネバ》

・すばるくんでした初めてネバネバに当たったらしい

・顔がすごいカメラ目線


23.Never Say Never

・アメリカンな衣装かわいい

・踊りもせず動き回ってたからあんまりこの曲の歌いにくさだったりを感じず、するっと聞いちゃった感が自分的にある

 


24.ナントカナルサ
25.前向きスクリーム

 


26.今

うる覚えで必死に一緒に踊った

・手を重ねるところで上のカメラを全員が見たところで泣けた

・終わっちゃうんだな〜〜〜〜って思い始めてかなしかったけど今の楽しい時間と未来があると思いながら聞いてたりした

・未来を作る今!!!

 

 

《アンコール》
27.純情恋花火

・浴衣イケメンすぎるしこの曲大好きだから嬉しいのてんこ盛り

・ひなちゃんが袖で顔隠してたけど美人さんかよ

・すばるくん萌え袖みたいに袖持ってかわい子ぶってた

・ベレー帽にメガネの安田くん可愛すぎ

・花火


28.パノラマ
29.ズッコケ男道

・はい、アンコールの楽しいコーナー

・欲を言えばパノラマは踊ってるかわいいエイトおじさんを見たかった

・トロッコ目の前通った時思いっきり安田くんお尻だったw 過ぎた後に振り返ってておせーよ!!!!って後ろの子が叫んでた

 

《丸ちゃん挨拶》

・心にしみる丸ちゃんの言葉


30.青春のすべて

・楽しい思い出も悲しい思い出も全て含めて青春だし捨てちゃいけないし前に進まないといけないなあなんて思ったりして

・大サビの安田くんの歌声が素敵だったよ

・後ろの子がイントロから終わる寂しさで声に出して泣いてて若干入り込めなかったの辛い

 

《ラスト》

・最高で?Fuuuuuuuuu~最強の?Fuuuuuuuu~・・・・Fuuuuuuuuu~関ジャニ~~~~~~~~エイト〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!ができてハッピー

・はける時に、たっちょんが「丸が愛してるって」って背を向けたまま言い残して行ったの爆イケすぎて最後の最後にまた殺される喜劇

 

 

 

メンバーの印象

◉丸ちゃん

ファンサがすごい。ただのマシーンじゃなくて、ちゃんと一人一人最後まで対応してかつたくさんの人にサービスしてたからそのアイドルっぷりに感激してました。一方でベース弾いたり、かっこよくきめるところはきめて、あと不意打ちウィンクをちょいちょいカメラに抜かれたときにやってて、いつも明るい"丸ちゃん"とのギャップにキュン死でした。

 

◉すばるくん

やっぱり音楽の神に好かれて才能とセンスと技術と魂を持ち合わせた本当にすごい人なんだなあと思った。魂の叫びというかすばるくんの歌声はちゃんと生きた人間の心があるから、生の気持ちを表現してるから私たちの心に響き渡るだなあ。すばるくんのアイドルスマイルとカメラに向けるキメ顔をするたびに会場が沸くあの感じ好き。

 

◉よこちょ

美しいを兼ねそろえたかっこよさ。生で様子を見てて凄いそうなんども思わずにはいられない、大人のかっこよさをよこちょから感じた。ラッパも歌もすごくスキルアップしてるのが聴いててよくわかったなあ。MCの安定のいじられ方も、照れる感じはめっちゃ可愛い。

 

◉ひなちゃん

やっぱり男前さんだよね。顔も中身も。お仕事がまた増えたようで忙しいですね。キーボードの音数をその日のテンションとか客の盛り上がり方で変えたりしてるって話をしていたけど、それがライブで聴いててわかった時、その音でまた沸く自分がいたから、ひなちゃんもちゃんと音楽してる楽しんでるって嬉しかったなあ!!

 

◉たっちょん

私若干ドラム触れるからか、たっちょんの刻むリズミはバンド演奏聴く中での注目ポイントなんだけど、うわあここ好き!!!ってライブ中何度もなってた。それに加えモニターに映るドラマーたっちょんのかっこよさにときめいてたよ。踊って歌うたちょんも、スマートでアイドルで好きだし、トークでふざけ倒すのも好きだったなあ。

 

◉亮ちゃん

可愛い。ほんと可愛すぎてため息何度ついたことか。アコギは本当にかっこいいし、やっぱ亮ちゃんの作り上げるテイスト好みなんだなと実感。パフォーマンス面ではあんまり注目できてなかった気もするから、次はもっと亮ちゃんの踊りとかギタープレイとかも堪能できたらいいなあ。後、NEWSファン的な目線で楽しそうにアイドルしてる亮ちゃんに会えてよかったなあってちょっと思った。

 

 

◉安田くん

ビジュアルがマジで理解できないけど、そんなことどうでも良いくらい、かっこいいし可愛いし、気持ちよくパフォーマンスしてるのが伝わってきて大好きだった。ギター弾く時めっちゃそるし、飛ぶしでめっちゃ楽しそうだったし、少しでも客席の方に近付こうと移動してて嬉しかった。何度も言ってるけど安田くんの踊りがやっぱり好き。感情のせるの上手いし声もいいから歌も大好き。素敵な人を1番の推しに選べたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出したらまた追記しますが、自分史上最短で感想あげられたはず。。。

 

関ジャニ∞って振り幅が広くていろんな人を楽しませられる人達だし、色んな面を楽しませてくれるグループなんだと改めて実感しました。

まだまだやりたいこともやれることも彼らにはあるんだと思うし、7人7色で各方面でも活躍していくんだろなあと思う。

私は担当って言えるほどではないけど、これからもこの距離感が一番楽しめると思うから、マイペースにエイトとその活動が生み出す作品たちを楽しんでいければいいかなあ。

 

 

関ジャニ∞、楽しい2017年夏をありがとう!!!!!

 

 

 

 

 

 

ブログ開設2年

この夏でここを開設して2年になるようです!!

 

2年前は2015年。私は高2でした。

所属団体は夏休み中ほとんど活動がなかったので、ひたすら家で過ごす中、私は岡田准一と読書にどハマりしていました。

SPと図書館戦争を観て、本を読み、夜中はようつべさんの方でV6兄さんを極めていました。

まあ、最終的にV6で一番好きなメンバーは三宅の健ちゃんになったんですけど笑

 

いろんなことを開拓していた時期に、はてなブログさんにお世話になり始めて、これまでのんびりと続けてこれました。

 

 

つまらない気まぐれなヲタクのぼやきを読んでくださりありがとうございます。

これからもこんな調子で気分で記事を上げていくので、お暇でしたらこれからもお付き合いください笑

 

 

 

 

 

さあ、最近はどうしているかというと、

 

関ジャニ∞のライブに行ってまいりました!!!

ついに。念願のエイトさん。

ちゃんと記事をあげるつもりで下書きを始めてますので、ぜひ読んでやってください。

 

 

あと、5月にライブに行ってから、順調にSexy Zoneにはまっております。

サマパラは行けないけど、DVD発売とこれからに期待して、楽しく沼に落ちて行ってます。

 

 

嵐はツアー発表されて、今年は遠征したいね!!と相方と作戦を練っているところです。今年も行けますように!!!!!

 

 

NEWSさんが最近分からなくて、というか理解しようともしてない自分がいるので、ちょっと休憩中。

長く愛し続けるには、時にこういう期間も必要なんだと信じて、マイペースに鑑賞してます。

 

 

 

 

ハロプロはJJにハマってる。

どちらかというと加入反対派だったけど、fiesta fiestaが衝撃的すぎて7人のJJに期待感しかない。

段原強すぎ。JJはかりんちゃん推しだったけど、るる推しになりそう。かりんちゃんは変わらず好きだけど。

 

 

 

 

こんな感じで、日々色んなアイドルやら、ブログにはほど書いてないけど邦ロックやらに手を出してます。

これからもきっとそうです。

楽しく、楽に、ヲタクをやる。が今年のモットーです。

よろしくお願いします笑

 

 

ということで、ジャム感想編、お楽しみに!!!

 

 

少プレ7月 光一さんとのコラボが控えめに言って最高だった話

またまたおひさしぶりになってしまって。

 

気づいたらまっすーが31歳、シゲが30歳のおめでとう記事を載せてないままでした、、、。

(まっすー、シゲアキ先生、お誕生日おめでとうございます!お二人にとって素敵な1年になりますように!15周年アニバーサリーイヤーにもうすぐ入りますが、例年よりもNEWSに会える機会が増えることと、皆んなと幸せな時間を過ごせるようにこちらも私生活頑張るし、NEWSの応援も手を抜かないでいきますよ!!!まっすーのお洋服と歌声が大好きだよ!シゲちゃんの言葉の紡ぎかたと作る音のセンスが大好きだよ!30歳、29歳の1年間も幸せをくれてありがとう!今年もよろしくお願いしますね!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、本題にいきましょうか。

 

7/21放送の少年倶楽部プレミアム

ゲストはKinKi Kids堂本光一くん

 

21日はキンキデビュー20周年の記念日でしたので、本当だったらお二人をお迎えして20周年話に花を咲かせるところだったんだと思うけど、今回は剛くんがお休みしている時期と被っていたから、光一くんゲストで。

 

 

トークの部分は、しょうもないことずっと言って中居くんに生意気な態度取ってると光一くんが言っていた昔のキンキの映像流れて。最近キンキが出てるのをどこの番組見ても昔の秘蔵映像流れてるけど、本当しょうもないことしか言ってない(笑) どんなもんやの初回が特に酷かったなぁ。

 

 

トークコーナーで印象的だったのが、手越くんとの絡み。同じ質問をして昔と今の答えを比べるところで、毎度毎度手越くんと答えが被ることで嫌だなぁと言う光一くん。手越と一緒だ!とアピールする3人。

手越くんに嫌いとか嫌とか言う人は大抵気に入ってる説、ここでもそうですね。キンキは昔から手越くん好きだと言う認識がある。NEWSのデビュー当時に出演した堂本兄弟で、山Pとか亮ちゃんとか人気メンバーにヒソヒソ隠れて注目度が低かったであろう手越くんを引き出して、あの淡々としてる受け答えを凄く面白がっていたのは剛くんだし(最終的に後ろにいる手越くんを1番前の剛くんの席に座らせるまでに至る)、その後テゴマスで何度も出演する機会があったけれど、そこでも手越いじりが凄いこと。子猫ちゃんに対抗して化け猫と言う光一くん。そして、なんせ光一くんと手越くんは系統違えどお互い王子様系アイドルだからね。

 

まぁ、そんなもんで、相変わらず手越とは同じにされたくないそぶりをする光一王子なんだけど、最後のセッションの話になってメンバーにキンキの曲をガッツリ聞き込んで真面目に準備をしてきていることを暴露され、(そこの反応が凄まじく可愛い照れる手越祐也とそんな弟が可愛くてついついそんなこと光一王子に言い始める可愛いメンバーは今回は置いときます)

「お前もっと真面目なところ出せよ!!

」と言う光一くん!!!!!

ありがとうございます!!!!

そうなんです!手越祐也は仕事に対してド真面目に取り組む人なんですよ!!!

 

 

 

 

まぁ、聞き込んでいたこともあり、キンキ曲を、剛くんパートを歌う手越くんの歌はこの上なく素晴らしかった。ちゃんとキンキを身体に沁みつけた後に自分のものにして歌ってるところ、自分の歌を持っているところがやっぱり好きだなぁと思わされた。

NEWSの曲を光一くんが歌うとは思ってなくてびっくりだった!1人声が入るだけでこんなにも雰囲気が変わるんだね〜!光一くんは声が立ってるというか縦のラインだなぁと私は思ってて、ユニゾンで聞いてもちゃんと光一色確立されてるから、なおさらNEWSと歌った時に色んな化学変化が起きてた印象。

一方でキンキ兄さんの歌を歌い踊るNEWSたち。手越くん以外はキンキバックにいた世代だから、その時からあるリスペストが凄く伝わってくるし何よりも嬉しそう楽しそう。手越くんも他のジャニーズの中だと恐らくキンキを1番聴いてると思うし、さっきも言ったように聞き込んだ先にある歌を歌ってたから素敵だった。

 

 

 

1曲目、チャンカパーナ

ほぼNEWSで最後だけ光一くん登場する構成。NEWSで歌ってた部分で思ったんだけど、シゲの声量やっぱり上がったよね!ハッキリと聴こえた。もちろん小山さんも聞こえるようになってて、NEWSちゃんと4人の歌が聴けて嬉しかったなぁ。光一くん登場して、背後霊みたいに後ろにひっつくまっすーとそれにあんまり反応しない光一くんw、ラストの手越ソロのロングトーンチャンカパーナで光一くんに寄りかかる体制と手越くんとそれを笑って受け止める光一くん。結局チャンカパーナポーズをやらない。

 

 

2曲目、道は手ずから夢の花

ど頭の光一くんの歌声好き。道は手ずから拓け〜 の時の最後の伸びと歌い切る時の歌声の綺麗さと、光一くんの表情好き。ど頭の後半は剛くんのソロパートなんだね。

Aメロ(?)の光一くんと手越くんのハモりが素敵すぎた、、、

テゴマスはなんでも歌いこなせるのね歌の上手さを実感したなぁ。あと、サビ最初は光一テゴマスで、次にコヤシゲが入ってくる時に、横のラインがワッと広がってユニゾンでの深みが増したのを感じた。

 

 

3曲目、恋を知らない君へ

 手越くん!!今まで聴いた中でも好きな歌い出しだったよ!!とっても綺麗だった。

光一くんのBメロ聴いて改めて思ったんだけど、NEWSの曲やっぱりキー高いよね。

光一くんの持つ切なげな歌声がこの曲の雰囲気を倍増させてた。NEWSも4人とも良い声してたよ。

 

 

4曲目、愛されるより愛したい

NEWSはこれが歌えて踊れてさぞかし嬉しかったことよ!!!

こういうミステリアスな曲調は小山さんのしなやかなダンスが映えること。あと、小山くんの歌はこのキーが合うね。

大サビのまっすーが素敵〜!

踊り終わった後にNEWSをひとりずつ見てキョロキョロする光一くん可愛い笑

 

 

 

5曲目、硝子の少年

 

Aメロの透き通るくらい綺麗な歌声と、しっかりした低めの歌声と、テゴシゲが対称的なんだけど、どっちも素敵。硝子の少年を自分の歌でちゃんと届けてきたな。

まっすーめっちゃ光一さん見るやん笑笑 って思ってたら、その次の小山さんもめっちゃ見てた。なんかね、やっぱりそれだけキンキのキッズとして育ってきたんだなぁ、彼らは。と思ったよね。

大サビで手越くんと光一くんが前列のフォーメーションになった時にその立ち位置にいるNEWSに不思議な感覚を覚えたけど、王子2人が並ぶ夢の構成だし、そこで♪僕の心はひび割れたビー玉さ と歌う手越くんが好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼほぼ光一くんと手越くんとしか言ってないけど、総じて好きなコラボメドレーだった。NEWSさん良かったよ。

またやってほしいし、私は剛くんの歌がめちゃ好きだし、そんな剛くんと光一くんとNEWSがコラボも遠くない未来で現実できてそうだから、楽しみにしてます。そんな私はすっかり20周年の波に乗ってキンキにハマっているのでした。

 

 

二宮くん34歳

1日遅れてしまったけれど、二宮和也さん、お誕生日おめでとうございます!!

 

 

ええ34歳ですか。衝撃だなぁ、下が34か。

 

 

私が二宮くんのことを知った時はまだ20代前半でしたからね。10年経つとはそういうことなんだね…

 

 

 

昨日の通学時間、何の意識もなく自然と嵐の曲シャッフルを聴いてたんですが、それは二宮バースデーのせいかなぁ、なんてしょうもないことを考えていました。笑

 

 

 

振り返るとここを開設して2年、ニノの誕生日を一度もお祝いしてないですね。

 

忘れてたなんてことは絶対ないので、なんでかなぁと考えたんですけど、二宮くんを、二宮くんに対する私の心を形容する言葉が、私には思いつかないのかなという考えにたどり着きました。

 

今もまさにそうで、何を書こうかと悩みながら進めてます。

 

 

 

 

 

 

分からないんだよね、二宮和也とはどういう人なのか。

 

 

 

人間として大事な何かが欠けているとかひねくれてるとか、自分のことをこんな風に言ってるし、まぁすごい変な人だし物事に対して独特な考えを持ってる人だなと思うし、共感できないことが多いのだけど、凄く愛のある人だなぁと私は思ってます。

 

あとはちゃんとしてないように見えて色んなところに目を向けて居られる人。ダラダラしてるように見せてそうでもない。と思ってる。

 

 

にのが1番アイドルだなって最近よく見てて思います。パフォーマンス見てても凄いアイドルが溢れ出てる時あるし、ずっとイメージを崩さないことも含めそう感じることが多い。上手く言えないのだけどね、アイドルなのよ。

 

 

 

 

二宮和也だけが出来るあのパフォーマンス、これからも魅せていってほしいです。

 

歌も踊りも独特な世界観を持っていて、唯一なもので、嵐のスパイスとなっているし、ソロはにのだけが表現できるものがあって、今回はどんなものを魅せてくれるのかなぁと毎回楽しみにしてます。

 

あとは、バラエティの時のノリとキャラ。

しやがれのデスマッチ企画の謎の叫ぶキャラすごい好きだよ笑

あとは、スーパースターぶる感じ。おたすけJAPANのVS嵐の時の好感度アップのところとか、第39回とかね。

 

 

 

 

 

お芝居にしろ、バラエティにしろ、歌にしろ、ダンスにしろ、放つ言葉にしろ、二宮和也は人とは違う唯一のものを持っていて、それがとても魅力的で惹かれるものがある。

 

そんな姿をこれまで見てこれてよかったし、これからもずっとずっと見ていきたい。

 

 

 

 

 

二宮くん、改めてお誕生日おめでとうございます。

34歳の二宮くんからどんなものが表現されるのか楽しみにしてますね。

 

 

 

 

 

あ、ひとつ文句を言うなら、わたしはパズドラやってないのでベイストでパズドラの話しを15分し始めるのはやめてください笑 まぁ、わたしがやり始めればいい話ではあるけども。

 

 

 

f:id:bu-ban18:20170618170209j:image

 

いい笑顔ですね。

 

 

 

 

f:id:bu-ban18:20170618165431j:image

嵐がいて、今日もしあわせ。